最新情報 来場予約

COURE PACECOURE PACE

電話アイコン

PACE Technicalパーチェの構造・性能

クオレ・パーチェの家はすべてに
本物の国産檜、四寸柱を使用。

「国産檜」は木の王様です

クオレ・パーチェが土台、柱に使っている構造材は、木の中の「王様」と言われる国産の檜です。しかも、正4寸角の芯持ちの無垢材という最も優れた部位を厳選して使っています。この檜には、反りや曲げなどの狂いが少なく、また、フィトンチッドなどの独特な香りと油分が多く含まれています。このフィトンチッドには、森林浴効果としての癒しや、リラクゼーション効果があり、またその殺菌効果により、カビや腐朽菌を寄せつけないため、シロアリなどの害虫から大切な財産とご家族を守ります。
歴史的な建造物や寺院等にも檜は多く使われています。

通常の3.5寸を超える4寸柱で強い!

クオレ・パーチェは、従来の住宅に使われてきた3.5寸柱より一回り太い檜の4寸柱を標準採用しています。3.5寸角(105mm角)の柱の断面積12.25平方寸に対して4寸角(120mm角)の柱の断面積は16平方寸です。4寸角の柱は3.5寸角の柱に対しておよそ1.3倍の断面積があり、強度も耐久性も耐震性も比例して高まります。

柱は家を支える大切な骨格部

クオレ・パーチェでは強度の要求される土台、通し柱、管柱と美しさが映える化粧柱に国産の檜を使用しています。クオレ・パーチェのこだわりです。
地震から家族を守る骨太構造

日本古来の伝統構造
「木造軸組工法」

日本古来の建築方法。木材を使用し、土台と縦の柱と横に渡した梁で建物を「軸」で組み立てる工法です。この工法は、部屋のレイアウトが構造の制約を受けにくく、狭い敷地や変形の敷地などにも対応しやすいので敷地を有効活用できます。リフォームも容易なので経済的にも優れています。木は熱を伝えにくく、湿度を調節してくれるので寒暖の差が大きく湿度の高い富山の自然環境に適しています。

横揺れに強いW筋交いストロング工法で
2倍の強度を実現

筋交い(すじかい)とは、柱と柱の間に斜めに入れた建物の構造を補強するためのものです。構造体の耐震性を強める効果があり、建築基準法では一定の割合で筋交いを使用することが義務づけられていますが、クオレ・パーチェは他社には無い「W筋交い」を採用。筋交いをクロスさせて入れることにより、横揺れの地震に強く、メンテナンスのいらない「長持ちする家」を実現しました。

クオレ・パーチェの
W筋交いストロング工法+剛床合板で
壁倍率 約5.0倍の強さ!

筋交いのない壁1倍
筋交い(シングル)の壁約1.5倍
筋交い(ダブル)の壁約2.0倍
クオレ・パーチェの家
筋交い(ダブル)の壁
+剛床合板
5.0

強固な金物で耐震性UP

地震などの水平力に抵抗するためW筋交いストロング工法を用いてますが、もし筋交いが外れてしまっては意味がありません。
クオレ・パーチェでは通常より筋交い金物を使用して、筋交いの接合部をより強力に固定し強度を高めます。
床下地に24ミリの
剛床合板を採用
1、2階とも通常15ミリ厚のところをクオレ・パーチェでは、24ミリ厚の剛床合板を採用しています。仕上げ材のフローリング12ミリ厚と合わせて36ミリの厚い床材は、遮音性にも優れた効果を発揮します。